おかしいことは理解している

おかしいことは理解している

 強迫性障害の人は、自分がしていることがおかしいことを理解しています。

 

 強迫観念も強迫行動も、本人は、それが逃れられない症状であると感じています。それがさらに本人を苦しめています。強迫行為をしながら、精神的な苦痛や不安を感じているのです。

 

 そして、多くの人は、自分のしていることが、どこかおかしいと思っています。強迫性障害の人は、好きで強迫行為をしているのではありません。こんなことに時間を使ってばかばかしいと思いながら、やめられないのです。

 

 本人が苦しんでいるのに、周りからは理解してもらえない。だからこそ、医療機関の力を借りるのです。症状に気づいたら、早めに医療機関に行って診断を受けましょう。

 

強迫性障害の特徴-おかしいことは理解している関連ページ

強迫観念
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは強迫観念について紹介します。
強迫行為
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは強迫行為について紹介します。
発症のトリガー
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは発症のトリガーについて紹介します。
現実と想像の区別がつかない
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の特徴には、現実と想像の区別がつかないというものがあります。
家族を巻き込むことがある
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の人の中には、家族を巻き込む人もいます。
1日の大半を症状に費やされる
強迫性障害の特徴を紹介します。1日の大半を症状に費やされるようになります。
自殺念慮が現れる
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害に悩まされる人の中には、症状がつらくて、自殺してしまいたいという思いにかられる人もいます。