脳の機能障害

脳の機能障害

 強迫性障害の主な原因は、脳の機能障害であることが分かってきました。

 

 以前は、環境の変化や対人関係などの社会的要因や、本人の考え方の癖などの心理的要因が重なり合った結果が強迫性障害の主な原因であると考えられていました。

 

 しかし、研究により、脳の働きや脳の発達上の問題などの生物的要因が、主な原因であることが分かってきました。

 

 現代では画像技術の発展により、脳の活動を見ることができるようになりました。その結果、強迫性障害のある人の脳は、普通の人の脳に比べて、特別な動作をしていることがわかりました。

 

 強迫性障害の症状が出ている時は、脳から誤った指令が出ているのです。危険でないのに、危険だと思わされていたのです。つまり、外出中、家事になったらどうしようなどと、実際は大丈夫なのに危険だと感じていたのは、脳の誤作動が原因だったのです。

 

 強迫性障害の主な原因が脳機能の障害だと分かってから、治療法は大きな成長を遂げました。強迫性障害で悩んでいる方は、医療機関で診断を受けましょう。適切な治療を受ければ回復できるはずです。

強迫性障害の原因-脳の機能障害関連ページ

大きな出来事を経験した
強迫性障害の原因を紹介します。強迫性障害の原因には、大きな出来事を経験したというものがあります。
性格は関係ない
強迫性障害の原因を紹介します。強迫性障害の原因に、性格は関係ないとされています。
育て方は関係ない
強迫性障害の原因を紹介します。強迫性障害の原因に、育て方は関係ないとされています。
遺伝する病気ではない
強迫性障害の原因を紹介します。強迫性障害は遺伝する病気ではないとされています。