遺伝する病気ではない

遺伝する病気ではない

 強迫性障害は遺伝する病気ではないとされています。

 

 強迫性障害と遺伝子の研究は多くされていますが、統一された見解は出されていないというのが現状です。

 

 父親が強迫性障害であっても、その子どもが必ずしも強迫性障害になるわけではありません。しかし、子どもが親の生活習慣に影響されて、同じ病気にかかりやすいということはあるかもしれません。

 

 いずれにせよ、強迫性障害は、いわゆる遺伝病ではありません。正しい知識で対応するようにしてください。

強迫性障害の原因-遺伝する病気ではない関連ページ

大きな出来事を経験した
強迫性障害の原因を紹介します。強迫性障害の原因には、大きな出来事を経験したというものがあります。
性格は関係ない
強迫性障害の原因を紹介します。強迫性障害の原因に、性格は関係ないとされています。
育て方は関係ない
強迫性障害の原因を紹介します。強迫性障害の原因に、育て方は関係ないとされています。
脳の機能障害
強迫性障害の原因を紹介します。強迫性障害の主な原因は、脳の機能障害であることが分かってきました。