家族を巻き込むことがある

家族を巻き込むことがある

 強迫性障害の人の中には、家族を巻き込む人もいます。 

 

 強迫性障害は、自分一人で背負い込む人もいますが、家族へ強迫行為の協力を強要し、巻き込む人もいるのです。

 

 例えば、汚染不安のため、家族にも過剰な手洗いを強要します。本人が行なっている強迫行為と同じことをさせるのです。ほかにも、掃除のやり方を細かく指示したり、洗い物の手順を指示したりします。それでいて、家族が強迫行為の手順を間違うと怒ったりします。家族がストレスで協力をやめると、何で協力してくれないのだと憤慨し、本人はますますストレスや不安をためます。

 

 このように、家族を巻き込むタイプの強迫性障害は、家族に大きなストレスをもたらします。家族がうつ病になったりしてしまいます。

強迫性障害の特徴-家族を巻き込むことがある関連ページ

強迫観念
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは強迫観念について紹介します。
強迫行為
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは強迫行為について紹介します。
発症のトリガー
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは発症のトリガーについて紹介します。
おかしいことは理解している
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の人は、自分のしていることがおかしいことは理解しています。
現実と想像の区別がつかない
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の特徴には、現実と想像の区別がつかないというものがあります。
1日の大半を症状に費やされる
強迫性障害の特徴を紹介します。1日の大半を症状に費やされるようになります。
自殺念慮が現れる
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害に悩まされる人の中には、症状がつらくて、自殺してしまいたいという思いにかられる人もいます。