自殺念慮が現れる

自殺念慮が現れる

 強迫性障害に悩まされる人の中には、症状がつらくて、自殺してしまいたいという思いにかられる人もいます。この自殺したいという思いを巡らせることを自殺念慮といいます。

 

 強迫性障害の症状はひどくなると、毎日生きているのが辛いと感じることもあるでしょう。お先真っ暗だと考えてしまう人も少なくありません。

 

 しかし、強迫性障害は薬物治療や認知行動療法が確立されています。

 

 実際、自殺寸前まで追い込まれた人が考えなおして、今では普通の生活を遅れている人もいます。決して諦めてはいけません。

強迫性障害の特徴-自殺念慮が現れる関連ページ

強迫観念
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは強迫観念について紹介します。
強迫行為
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは強迫行為について紹介します。
発症のトリガー
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは発症のトリガーについて紹介します。
おかしいことは理解している
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の人は、自分のしていることがおかしいことは理解しています。
現実と想像の区別がつかない
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の特徴には、現実と想像の区別がつかないというものがあります。
家族を巻き込むことがある
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の人の中には、家族を巻き込む人もいます。
1日の大半を症状に費やされる
強迫性障害の特徴を紹介します。1日の大半を症状に費やされるようになります。