1日の大半を症状に費やされる

1日の大半を症状に費やされる

 強迫性障害の症状が悪化すると、1日の大半を症状に費やされるようになってしまいます。

 

 症状が軽いうちは、ある程度、強迫行為に時間を取られても、仕事や学校に通うことができます。しかし、手洗いや確認作業に何時間も取られるようになると、生活のリズムがくずれ、普通の生活ができなくなります。遅刻や欠勤が増え、通えなくなり、ついには引きこもりになってしまう人もいます。

 

 強迫性障害になると、このように生活に致命的な悪影響を与えることもあります。症状に気がついたら、できるだけはやく医療機関で診断を受け、適切な治療を受けて、早期回復を目指しましょう。

強迫性障害の特徴-1日の大半を症状に費やされる関連ページ

強迫観念
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは強迫観念について紹介します。
強迫行為
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは強迫行為について紹介します。
発症のトリガー
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは発症のトリガーについて紹介します。
おかしいことは理解している
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の人は、自分のしていることがおかしいことは理解しています。
現実と想像の区別がつかない
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の特徴には、現実と想像の区別がつかないというものがあります。
家族を巻き込むことがある
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の人の中には、家族を巻き込む人もいます。
自殺念慮が現れる
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害に悩まされる人の中には、症状がつらくて、自殺してしまいたいという思いにかられる人もいます。