発症のトリガー

発症のトリガー

 強迫性障害の特徴に発症のトリガーというものがあります。

 

 強迫性障害の症状は、何か特定の場面をきっかけに現れることが多いです。この特定の場面をトリガーと呼んでいます。

 

 例えば、

  • 家をでる
  • トイレに入る
  • 何かに触れる

 といったものです。

 

 トリガーに出会うと、強迫観念に襲われます。そして強迫行為を行うまで解決しません。こういった一連の流れを繰り返すほど、強迫行為は酷くなっていきます。習慣化され、強迫行為に支配されてしまいます。こうならないためにも、症状が悪化する前に、医療機関へ行って、診断を受けましょう。

強迫性障害の特徴-発症のトリガー関連ページ

強迫観念
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは強迫観念について紹介します。
強迫行為
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは強迫行為について紹介します。
おかしいことは理解している
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の人は、自分のしていることがおかしいことは理解しています。
現実と想像の区別がつかない
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の特徴には、現実と想像の区別がつかないというものがあります。
家族を巻き込むことがある
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の人の中には、家族を巻き込む人もいます。
1日の大半を症状に費やされる
強迫性障害の特徴を紹介します。1日の大半を症状に費やされるようになります。
自殺念慮が現れる
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害に悩まされる人の中には、症状がつらくて、自殺してしまいたいという思いにかられる人もいます。