現実と想像の区別がつかない

現実と想像の区別がつかない

 強迫性障害の特徴には、現実と想像の区別がつかないというものがあります。

 

 実際にはそんなことはないのに、本人には悪いイメージが浮かんできます。特に汚染不安に見られます。

 

 例えば、次のようなものがあります。

  • 手で触れたところが汚染されていく
  • 汚れが人から人へ伝染しているように見える
  • 触れてないのに汚れに触ったような気がする

強迫性障害の特徴-現実と想像の区別がつかない関連ページ

強迫観念
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは強迫観念について紹介します。
強迫行為
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは強迫行為について紹介します。
発症のトリガー
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは発症のトリガーについて紹介します。
おかしいことは理解している
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の人は、自分のしていることがおかしいことは理解しています。
家族を巻き込むことがある
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の人の中には、家族を巻き込む人もいます。
1日の大半を症状に費やされる
強迫性障害の特徴を紹介します。1日の大半を症状に費やされるようになります。
自殺念慮が現れる
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害に悩まされる人の中には、症状がつらくて、自殺してしまいたいという思いにかられる人もいます。