強迫観念

強迫観念

 強迫性障害の特徴に強迫観念というものがあります。

 

 強迫観念は、自分の意志に反して、頭に次々浮かんでくる嫌なイメージです。それと同時に、精神的な苦痛や不安などを感じます。

 

 例えば、

  • 細菌に侵されるかもしれない
  • 人に大怪我をさせるかもしれない
  • 天井が落ちてくるかもしれない

 といったものです。

 

 そんなはずはないと、本人も分かっているのですが、どうしても打ち消すことができません。そんな心の動きが強迫観念です。

 

強迫性障害の特徴-強迫観念関連ページ

強迫行為
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは強迫行為について紹介します。
発症のトリガー
強迫性障害の特徴を紹介します。このページでは発症のトリガーについて紹介します。
おかしいことは理解している
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の人は、自分のしていることがおかしいことは理解しています。
現実と想像の区別がつかない
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の特徴には、現実と想像の区別がつかないというものがあります。
家族を巻き込むことがある
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害の人の中には、家族を巻き込む人もいます。
1日の大半を症状に費やされる
強迫性障害の特徴を紹介します。1日の大半を症状に費やされるようになります。
自殺念慮が現れる
強迫性障害の特徴を紹介します。強迫性障害に悩まされる人の中には、症状がつらくて、自殺してしまいたいという思いにかられる人もいます。